さくらカイロプラクティック 施術の進み方

1.問診

施術しやすい格好に着替えていただいた後、現在のお身体の状態を詳しく聞いていきます。

 

2.検査

当院ではナーボスコープという機器(上写真)を使い、身体の歪みの中で神経の流れを悪くしている骨を探し出します。ナーボスコープは背骨や骨盤の左右の温度差を測り椎間板の問題をチェックする機械です。その他、スタティックパルペーション(静的触診)やモーションパルペーション(動的触診)などの検査を行い、調整すべき骨を慎重に探していきます。

 

3.調整(アジャストメント)

検査で調整が必要な骨関節が見つかった場合は、正しい位置に戻すように調整を行います。検査により腰・骨盤・背中・首などの中で1ヶ所調整する場合もあれば、2~3ヶ所調整する場合もございます。(当院では関節を強く捻るなどの無理な調整は控えて、出来るだけ骨関節に負担が少ないような調整を心がけております。)

 

4.干渉波

骨格の調整後、少し身体を休ませるため干渉波(かんしょうは)という電気治療器を行います。(約15分)

家庭用の低周波治療器より筋肉の深部まで届き、筋肉の緊張を和らげてくれる干渉波は当院でも気に入っていただける方が多くいます。ただし、電気治療器は苦手とか怖いという方には干渉波はかけませんのでご安心下さい。

 

5.施術後の説明

施術の最後に本日、行った施術についてお話します。

また施術後の注意事項や健康に問題が起こりやすい姿勢や生活習慣などのお話しもします。

その際、何か気になることなどありましたら、何でもご相談下さい。

(※ お身体の状態により施術内容が異なる場合があります。)