カイロプラクティックとは…?

D・D・パーマー
D.D.パーマー

カイロプラクティックは1895年アメリカでDrダニエル・デビッド・パーマー(右写真)によって発見された独自の施術方法です。

 

カイロとはギリシャ語で『手』プラクティックは『技術』を意味し、薬や器具(メスなど)を使わず手によって身体の不調を軽減・改善させることのできる方法から『カイロプラクティック』と名付けられました。

 

その後、多くの有能なカイロプラクター(カイロプラクティックを行う術者)達により、その効果や有効性が実証されていきました。その結果、1974年に全米50州でカイロプラクティックは医療として認められるようになり、1997年には世界保健機関 (WHO)カイロプラクティックを代替医療として認めました。

 

アメリカに続きイギリス、フランス、カナダ、オーストラリア、香港など世界主要34ヶ国でも法制化され現在では世界約80カ国以上の国と地域で多くの人の健康をサポートする療法になっています。

 

カイロプラクティックの目的

カイロプラクティックの目的は人間が本来もっている身体を治す力『自然治癒力』(しぜんちゆりょく)を高め、自らの力で身体を回復させることを目的とした療法です。

 

そもそも『自然治癒力』とは、どのような力なのでしょうか?

 

自然治癒力は直接、見ることは出来ませんが『脳』から発生し、神経系を通り全身へ伝達されています。

 

例えば、切り傷や打撲などした時も生きている人間なら時間と共にそれらの怪我は治っていきます。しかし、亡くなった方の切り傷や打撲はどんなに時間が経っても治ることはありません。

 

実はこの素晴らしい力(自然治癒力)は切り傷や打撲などに限らず、身体のいたるところで傷ついた細胞や組織は自然治癒力により回復しています。また、10歳の人でも80歳の人でも年齢に関係なく、生きている限り自然治癒力がなくなることはありません。

 

しかし何故、自然治癒力は生きている人間には必ずあるのに、身体の調子が良い方と悪い方がいるのでしょうか?

 

それは、自然治癒力の通り道である神経系は背骨の中や背骨の間から出て行き、全身に行き渡っています。何かしらの原因により背骨の歪みが起こり、そのままになることで神経の流れが悪くなり、結果として自然治癒力の流れまで悪くしてしまうからです。

 

背骨が歪む原因は日ごろの悪い姿勢や運動不足、睡眠不足、過食や偏った食生活、過度の精神的・肉体的ストレス状態が続くこと、最近ではPCやスマホのやり過ぎなどがあります。

 

自然治癒力が上手く流れなくなることで、身体の細胞や組織の回復が遅れていき、その状態が続くことで次第に『痛みや違和感、または倦怠感』などの不調が現れてきます。

 

この不調が起こっている理由は『自然治癒力が正しく流れていません。』という身体からの大切なメッセージです。

 

カイロプラクティックでは背骨の土台となる骨盤と全部で24個ある背骨を検査し、自然治癒力の流れを妨げている骨を探し出します。(その骨のことをカイロプラクティックでは サブラクセーション と呼んでいます。)サブラクセーションが見つかったとき、そこに正確な調整を加え、自然治癒力の流れを正常化させることが施術の目的です。

 

カイロプラクティックは骨をポキッポキッする療法?

一般的にカイロプラクティックと聞くと骨をポキッポキッやる療法でしょ!?

と思われる方も多いかもしれません。

 

それを聞くと施術を受けたことがない方には、危ないとか怖いとか、ちょっと悪いイメージを持たれることがあると思います。

 

実際にはカイロプラクティックには多くのテクニック(技術)があり、すべてのテクニックが骨をポキッポキッするものではありません。中にはポキッポキッどころか、何をやられたのかわからないぐらいソフトなテクニックもあります。

 

これは施術をする人にもよりますが、当院では骨から音が出ることがカイロプラクティックを行う目的ではありません。

 

人間がもっている治す力『自然治癒力』を高め、その力により身体が回復していくことが一番の目的です。その目的のために必要なテクニックを用いて施術を行っています。

 

また、当院では背骨や骨盤を調整の際はうける方に出来るだけ負担がかからないように、丁寧な調整を心がけております。当院の施術について詳しく知りたい方は、お電話または実際にご来院いただいた際にご説明いたします。

 

 

『こんにちは。さくらカイロプラクティックの柴田です。皆様が健康になれるよう精一杯施術致します。お身体のお悩みなどありましたら、お気軽にご相談下さい。』

さくらカイロプラクティック

〒270-1436

千葉県白井市七次台3-47-5

℡ 047-497-3922

受付時間 10:00 ~ 19:00

(土・日 17:00 まで)

お休み 毎週月曜日