カイロプラクティックとは…?

D・D・パーマー
D.D.パーマー

カイロプラクティックは1895年アメリカでDrダニエル・デビッド・パーマー(右写真)によって発見された独自の施術方法です。

カイロとはギリシャ語で『手』プラクティックは『技術』を意味し薬や器具(メスなど)を使わず手によって身体の不調を軽減・改善させることのできる方法から『カイロプラクティック』と名付けられました。

 

その後、カイロプラクティックはD・Dパーマーの息子であるバートレット・ジョシュア・パーマー(B・J・パーマー)がその有効性を科学的に証明するために当時あった最先端の機材を使い徹底的に研究を行いました。

 

BJパーマー
B.J.パーマー

その結果、1974年に全米50州でカイロプラクティックが医療として認められることとなりました。また1997年には世界保健機関 (WHO)カイロプラクティックを代替医療として認めました。

 

アメリカに続きイギリス、フランス、カナダ、オーストラリア、香港など世界主要34ヶ国でも法制化され現在では世界約80カ国以上の国と地域で多くの人の健康をサポートする療法になっています。

 

カイロプラクティックの施術目的

カイロプラクティックの施術の目的は人間が本来もっている身体を治す力『自然治癒力』(しぜんちゆりょく)を高め、自らの力で身体を回復させることを目的とした療法です。

 

カイロプラクティックではこの自然治癒力は『脳』から発生し、神経系を通り、全身へ伝達されていると考えています。

 

例えば切り傷や打撲などした時も、生きている人間なら時間と共にそれらの怪我は治っていきます。しかし、亡くなった方の切り傷や打撲はどんなに時間が経っても治ることはありません。切り傷や打撲に限らず、身体のいたるところで傷ついた細胞や組織は自然治癒力により回復しています。生きている限りこの素晴らしい力(自然治癒力)がなくなることはありません。

 

日ごろの悪い姿勢や運動不足、また過度のストレスなどにより、背骨や骨盤に歪みが生じてしまうと、自然治癒力の通り道である神経の流れまで悪くなってしまいます。すると自然治癒力が正常に流れなくなったところでは、細胞や組織の回復が遅れ次第に『痛みや違和感』などの不快症状が現れてきます。

 

これらの痛みや不調は『自然治癒力が正しく流れていません。』という身体からの大切なメッセージです。

 

カイロプラクティックでは骨格の土台となる骨盤と24個ある背骨を検査し、自然治癒力の流れを妨げている骨を探し出します。(自然治癒力の流れを妨げている骨のことを サブラクセーション と呼んでいます。)サブラクセーションが見つかったとき、そこに正確な調整を加え、自然治癒力の流れを正常化させることが施術の目的です。

 

 

カイロプラクティックは骨をポキッポキッする療法?

カイロプラクティックファーストアジャストメントイラスト

一般的にカイロプラクティックと聞くと骨をポキッポキッやる療法でしょ!? と思われる方も多いかもしれません。それを聞くと施術を受けたことがない方には、危ないとか怖いとかネガティブなイメージを持たれることがありると思います。

 

実際にはカイロプラクティックには多くのテクニック(技術)があり、すべての技術が骨をポキッポキッするものではありません。カイロプラクティックの技術の中には骨をポキッポキッどころか、何をやられたのかわからないぐらいソフトなものまであります。

 

どちらが効果があって、どちらが効果がないというものではなく、本来もっている身体を治す力『自然治癒力』を高めことがカイロプラクティックを行う一番の目的です。その結果として多くの技術が生まれました。

 

当院の施術方法は検査を行い、問題のある骨(骨関節)が見つかった場合にはその個所に手で直接、調整を行います。場合により骨の関節から『ポキッ』と音がする場合もありますが、決して骨を鳴らすことが目的ではないので、無理に関節を捻ったりはしていません。

 

骨を『ポキッ』とやって欲しい…という方もいらっしゃいます。

骨から音が鳴るか鳴らないかは年齢や骨格の歪み具合。またその状態でどのぐらいの期間、過ごされてきたのか…などにもよりますので、必ず出来ますとは言えません。その点はご了承下さい。

 

また、どうしても調整が怖い…という方もいらっしゃいます。

当院では『ポキッ・ポキッ』しないカイロプラクティックの技術も勉強しております。

そのような方は予約のお電話時に、そのことをお話し下さい。